韓国語ジャーナルで楽しく韓国語を覚えましょ| ホーム | 韓国語学習参考書を買うときのポイント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

韓国語発音の方法について

韓国語発音の方法についてですが、

ハングル反切表(パンジョルピョ)といって、
日本の「あいうえお表」みたいなものがあります。

ハングル反切表を使って覚えるといいかもしれま
せん。ちなみにハングル反切表は、別名「カナダラ表」
ともいわれます。

ハングル文字は独特で何度か見たことがあるかと思い
ますが、何かしらの暗号みたいですね・・・


このハングル文字も基本的にローマ字と構造が似ており、
なのでその原理が分かれば、覚えることは難しくないか
と思います。


韓国語の発音の方法で、日本人にとってやっかいなのが
二重母音、パッチムと呼ばれる終声、平音、激音、濃音
といったものかと思います。


日本語にはない発音が韓国語には色々あるので、慣れる
まで苦労するのでは・・・


その中でも特に、パッチムは閉鎖音、鼻音、流音といった
ものを合わせて、計7つもあるんですね。

パッチムは韓国語の中では重要な役割があり、続く音に
よって発音が変わってしまうといったこともあるので、
韓国語を学んでいる初めの内は単語の発音の仕方・表記法
をそのまま覚えるてしまいましょう。


韓国語の発音の方法を勉強する際は、韓国語の参考書、学習
用CD、また韓国のDVDなどといったもので、正しい発音の方法
と音を何度も確認し、しっかり発音できているか、録音して
チェックすることをおススメします。

<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

プロフィール

hangle55

Author:hangle55
当サイトへようこそ
당 사이트로 어서 오십시오

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード


韓国語ジャーナルで楽しく韓国語を覚えましょ| ホーム | 韓国語学習参考書を買うときのポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。